らくらくISO9001講座

口語訳 ISO22000:2005
5章へ / 7章へ
宇野 通 編

トップへ
戻る
6章 人や設備の管理

6.1 人や設備を用意すること
6.2 人を確保する
6.3 設備や施設の管理【インフラストラクチャー】
6.4 作業環境

改訂 2009.07.20



 6章 人や設備の管理

 6.1 人や設備を用意すること
 会社(組織)は、食品安全の仕組み【食品安全マネジメントシステム】のために必要な人、施設、設
備、技術など【資源】を用意して下さい。


 6.2 人を確保する
6.2.1 仕事をするための力量
【記録】

食品安全チームのメンバーには、十分な知識を持った人を当てて下さい。
  食品安全に関わる仕事をする人は、その仕事をするために十分な力量を持った人にやらせて下さい。
食品安全チームのメンバーや食品安全に関わる仕事をする人は、
  ・適切な教育を受けていること(主に知識的なもの)
  ・適切な訓練を受けていること(主に技能的なもの)
  ・適切な技能を持っていること
  ・十分な経験を積んでいること
◆食品安全マネジメントシステムの構築、食品安全にかかわる業務の外注、業務の指導、安全管理の
  点検などに、外部の専門家を使用する時は、互いの責任と権限を決めて、記録して下さい(契約書で
  も良い)。

6.2.2 能力を持った人の確保/人々の認識/訓練
【記録】

◆力量を持った人の確保
会社(組織)は、食品安全に関わる仕事に、十分な力量を持った人を確保するために、次のことを実行して
下さい。
 a)食品安全に関わる仕事について、どのような力量が必要なのかを整理して下さい。
 b)必要な力量を持った人を確保して下さい。それには、次のような方法があります。
・訓練する
・社内(組織内)の他の部門から異動させる
・新たに雇い入れる
・派遣社員を使う
・その他
 c)次の業務を行なう人に対しては、必ず訓練を行なって下さい
・食品安全に関する仕組みが正しく実施されていることを監視(点検、検査、確認)【モニタリング】
 する責任者
・問題が発生した時の対策(工程の復旧、問題がある食品の取扱い)【修正】を決める責任者
・再発防止対策【是正処置】の実施を決める責任者
 d) a)b)c)の手段を行った時は、訓練でその人が本当に力量をつけたか、あるいは確保した人が
   適切な力量の人だったかを評価して下さい。

◆人々の認識
 e)全社員(組織のメンバー)に次の点を認識させて下さい。
・食品の安全を守る上で、自分の仕事はどのような役割を果たしているか
・食品の安全を守る上で、自分の仕事はどのように重要か
 f)食品安全に関わる仕事をする人に、社内・社外との情報交換(連絡体制)に関するルール(確実に行
   なうことの重要性)を理解させて下さい。

◆力量を証明する記録
 g)力量を証明するために、教育や訓練を行った記録、技能を評価した記録、経験を示す記録を残して
   下さい


 6.3 設備や施設の管理【インフラストラクチャー】
◆会社(組織)は、この規格で決めたことを実行するために必要な施設や設備、ユーティリティ(水、電気、
 ガスなど)、サポート体制(これらをインフラストラクチャーと言う)を用意してください。

◆これらのインフラストラクチャーは、必要な時に使えるように管理して下さい。必要に応じて、点検、整備、
 修理などのルールを決めて実行して下さい。【維持】


 6.4 作業環境
◆会社は、この規格で決めたことを実行するために必要な作業環境を決め、整備し、維持してゆくために
 必要な、人材、施設、設備などを用意して下さい。


7章へ

ページ頭へ

トップへ
戻る