らくらくISO9001講座


  
ISO9001
2015年版
【製造業編】

灰字は、JISが用いている用語
緑字は、本文にない、この口語訳独自の補足


5章 経営者がすること
(改訂 2015.01.12)

5.1 経営者の役割
5.2 品質方針
5.3 社員の責任と権限



 5.1 経営者の役割

 5.1.1 経営者が約束すること

  経営者の責任
   経営者は、この品質に関わる仕組み【品質マネジメントシステム】を、組織のトップとして推進
     して下さい。【リーダーシップ】
   経営者には、この仕組みを実行する責任があります。【コミットメントを実証する】

  経営者がすること
   この責任を果たすために、経営者は特に次のことを行って下さい。
a) この品質に関わる仕組み【品質マネジメントシステム】が、どのような結果を目指しているかを
   説明する。
   実際に、期待した結果に結びついているか説明する。
b) 品質方針を決めて、経営の方向を決める。
   各部門に品質目標を決めさせて、活動させる。
   この品質方針と品質目標が、会社が置かれた状況や、経営戦略と一致しているように管理
   する。
c) 品質に関わる仕組み【品質マネジメントシステム】を、会社の経営の仕組みの一部として
   機能 させる。【組織の事業プロセスへの統合】
品質マネジメントシステムを、会社の経営と離れた、認証取得のためだけの 仕組にして
はいけない。
d) 4.4で説明した仕事の仕組み【プロセスアプローチ】を理解するように、従業員に指導する。
   リスクを意識して、仕組みを作り、仕事を行うように、従業員に指導する。
e) 必要な建物や設備を用意し、必要な人を配置する。
f) (従業員に)ルールを守ることと、決められた品質を守ることの重要さを理解させる。
g) 品質に関わる仕組み【品質マネジメントシステム】が、期待した結果を出すように管理する。
h) 仕事の成果が出るように、従業員に行動させる。そのために従業員を指揮し、またサポート
   する。
i) 仕組みや製品・サービスの品質の改善を進める。
j) 管理職が、リーダーシップを発揮してそれぞれの役割を果たすように、指揮する。

  <補足説明> 略


 5.1.2 顧客を重視すること

   経営者は、顧客を重視する姿勢を、組織のトップとして示して下さい。【リーダーシップ】
   経営者には、会社が顧客を重視して行動することに責任【コミットメント】があります。

   この責任を果たすために、経営者は特に次のことを行ってください。
a) 顧客との約束を守り、法律を守る。そのために、守るべき約束や法律をはっきりさせる。
b) 製品・サービスの品質や顧客満足に影響する「リスクへの対策」「機会を生かすための活動」
   に取り組む。
c) 従業員に、顧客満足の向上を、常に意識させる。




 5.2 品質方針

 5.2.1 品質方針の内容

   経営者は、品質方針を決めてください。【確立】
   この品質方針に従って会社を運営して下さい。【実施】
   必要な場合には品質方針を見直してください。【維持】

   品質方針には、次の内容を入れて下さい。
a) 会社の仕事の内容【組織の目的】にふさわしく、会社を取り巻く状況を反映する。
   会社の経営戦略に沿って、進むべき方向【戦略的な方向】を示す。
b) 品質目標を決められるように、実現しようとする内容の具体的なイメージを示す。
   【品質目標設定の枠組み】
c) 顧客との約束を守り、品質を守り、あるいは法令を守ることを約束する
d) 常に仕組みの改善に努めることを約束する。


 5.2.2 品質方針の周知

   品質方針は,次のようにして、社員やその他の人に周知して下さい。
a) 品質方針を文書で定めて下さい。
   社員がいつでも、その内容を知ることができるようにして下さい。【利用可能】
   品質方針を改めたら、その文書も改訂して下さい。【維持】
b) 従業員にその内容を伝えて下さい。【伝達】
   従業員に理解させてください。【理解】
   実際の仕事に反映させてください。【適用】
c) 自社の仕事に関係する人や会社(あるいはその他の組織)が希望する場合は、入手できる
   ようにして下さい。




 5.3 社員の責任と権限

  経営者は、以下のことを決めさせてください。
◆会社は、それぞれの仕事について、責任を持つ部門や人を決めてください。
◆決定を伴う仕事については、誰が承認するのか(決済権限)を決めてください。
  また、誰が誰に仕事を指示することが出来るのか(指揮命令権限)について決めて下さい。
◆それぞれの仕事の責任や権限を、誰が持っているかが、社員に分かるようにしてください。
  【伝達と理解】

  会社は、以下のことが正しく行われるように管理する責任者を決めて下さい。
a) 会社の品質に関する仕組みを、ISO9001に合うように管理する(仕組みを作り、実行し、
   必要に応じて変更する)。
b) 仕事が結果に結びつくように管理する(品質方針や品質目標を実現する。良い品質の
   製品を作り・サービスを行う。顧客をより満足させる)。
c) 仕事の結果と、改善の必要性(10.1)を経営者に報告する。
d) 顧客を重視する考え方を、社員に理解させ、顧客を重視した仕事のやり方を行わせる。
e) 仕組みを変更する時は、仕組みの全体のバランスが悪くなったり、他の部分と矛盾が
   起こらないように管理する。



ページ頭へ

4章へ6章へ

トップへ
戻る