当院のビジョン 未来の鍼灸

未来の鍼灸
  統合医療としての東洋医学 鍼灸治療
近年、統合医療として東洋医学 鍼灸治療が注目されています。いくつかの国立医大では、鍼灸治療が行われて、その活用、研究が急ピッチで進められています。背景には、少子高齢化により医療費が増大し国家予算の半分以上が社会保障に充てざるえない現状があります。従来の投薬に比べて安価で、副作用もなく、種々の痛みや症状緩和に用いることが可能な鍼灸治療は、国の医療費抑制に寄与できると期待されています。将来、鍼灸治療が、もっと活用されることでしょう。
当院のビジョン 「変化のないところには発展はない」
東洋医学の原点は「手当て」です。病める人が居たら、その場に出向き、その人の話を聞き、痛む箇所に手を当て、なで、さすり、はり、お灸をするのです。そして、痛みや不安をすこしでも和らげようとします。素朴で、あたたかく、人にやさしいのが、東洋医学です。
「変化のないところには発展はない」と易経にもあります。東洋医学の原点を忘れることなく、時代の変化、ニーズの変化に対応した工夫で、鍼灸をもっと身近に感じていただけるようにデザインすることがこれからの鍼灸院には必要だと感じています。
そこで、当院では、低料金で受診できるように保険治療に代わる新たな治療として、標準治療STD~みんなのはりきゅう~を、定めました。また、外出が困難な方が自宅で治療を受けていただけるように訪問鍼灸治療にも力を入れています。今後も微力ながら鍼灸治療で地域貢献していきたいと考えています。