2007 SHOT SHOW

国の猟銃、猟具、猟装の国際見本市 SHOT SHOW は毎年年初に開催されます SHOT とはShooting, Hunting ,Outdoor Trade の頭文字からきています。世界中の銃器メーカーを始め関連企業の2005新製品の発表の場となります。今年は4万人を越すショット・ビシネスマンが各国から集まりました。1月11日から4日間米国フロリダ州オーランドで開催されましたので今年も参加いたしました。雑誌「狩猟界」5月号、6月号で記事を載せますが本ページで逸早く皆様にニュースとしてお知らせいたします。写真は会場となった「オレンジ・カントリー・コンベンション・センター(OCCC)

私はハンターで、毎年10月の北海道出猟から始まり、近県の猪鹿猟で終猟日まで狩猟を楽しみます。今年は鹿猟は2月28日が終猟日になりました。ハンターの立場で米国のSHOT SHOWを見ると、どうしても日ごろの猟で役に立つもの、便利なものに目が行きます。「百聞1見にしかず」実際に見てきたものについてハンターの立場でコメントいたします。又、こうしたものを、このページwww.JSHOT.com で紹介しております。ご質問がございましたら、ご遠慮なくメール(ここをクリック)をお寄せください。

市場の動向

昨年を凌ぐ656100平方フィートの会場は過去最大の展示スペースとなり、42215名のショット・ビジネスマンが訪れた。昨年6月にニューへブンの主力工場を閉鎖したウインチェスターの動向が注目されたがボルト式ライフル銃M70,レバー式ライフル銃M94は今年は同社の展示場から完全に姿を消した。同じく去就が注目されていたダコタは例年にない広い展示場を確保して、ダコタとネシカの両方のブランド銃を展示して健在感を示していた。業界の資本系列化が益々進み製品そのものが資本の論理で飲み込まれていく姿を見ていると、猟銃に男のロマンを託すような時代でなくなった思いだ。一方、武器としての銃器の分野であるローエンフォースメント(LE)部門の成長性と展示会での招客力は年々眼を見張るものがある。モデルガン雑誌のレポーターなら面白かろうが実猟ハンターを自認する者としては取材分野が狭められるようで寂しい思いもある。10年以上も毎年SHOTSHOWを見ていると時代の流れが読み取れて興味深い面もあるので、日本のハンターに興味を持たれるような2007新製品をこの欄で4月から毎月少しずつ紹介していこう。

今年の新製品  
「.」    

「」

 

「」

 

 

「l」

「」

 

 

「」

 

 

 「」

 

「」

「」

 

「」

 

この頁の「ショットショウ・レポート」は順次書き足しますので時々開いてご覧下さい。
雑誌「狩猟界」5月号(4月1日発売)、6月号(5月1日発売)で2007シット・ショウ・レポート」を書きます。

このページの内容の無断転載は硬くお断りいたします。
ご質問がございましたら、ご遠慮なく
メール(ここをクリック)をお寄せください。