逸品館から特選品を紹介いたします。他は逸品館に展示

特選品
実際に猪鹿猟で猟野で使用したりランニング・ターゲット射撃などの移動的射撃に使ってみて、便利で役立つ製品を紹介してまいります。ハンターの参考になれば幸いです。十分にご検討いただくお手伝いもいたします。
また、皆様からのご質問や、ご相談にもお答え致しますので、ご遠慮なくメール(ここをクリック)をお寄せください。

掲載品の価格については店頭価格、銃砲年鑑、各社カタログ等を参考にして、また店頭にない製品については当方が入手_した情報をもとに記載いたしておりますが、変動がありますので興味のある方はお問い合わせ頂ければ、購入可能な販売店をご紹介いたします。

ご遠慮なくお問い合わせください。ハンターやシューターの貴方に代わって、ハンターの目で世界の市場から、貴方に最も適した猟具猟装の情報を提供いたします。猟場での使用結果も出てまいりました。参考になることもありますのでEメールの便利さを大いに利用して、お尋ね下さい。

 

HPを開設いたしました1996年当時は日本のハンターは銃砲店からの商品情報のみで海外の狩猟や猟具猟装に疎い状況でした。そこでハンターの一人として海外へ出掛けて米国のショットビジネス関係者と交流して見本市やメーカーから収集した最新情報や新製品をこのHPや狩猟雑誌「狩猟会」で紹介してまいりました。 22年が経過した2018年の今日ではネット社会の到来で何方でも情報や海外製品の入手が可能になってまいりました。今までに当方が日本に紹介した新製品のいくつかはハンター達に知られるようになり銃砲店でも売られるようになりました。この意味ではHPの逸品館も一応の役目を果たしたものと考えて居ります。

従いまして一般に市中で探し難い一部の商品についてのみHPに掲載を残しておりますのでご覧下さい。

 

 

暖かい機能性肌着の元祖「吸湿発熱繊維肌着 さらぽかハンター」

猪鹿猟の勢子が絶賛し、

ハンター肌着として定着した

「さらぽか」吸水発熱肌着

サラサラ爽やかで、ポカポカ暖かいことで「さらぽか」と名付けられた、特殊機能性素材で造られた肌着です。汗や湿気を吸って発熱する東洋紡績のアクリレート系繊維を使用しています。合成繊維でありながらウールよりも高い吸水性を示し、汗を素早く吸収して発熱しますので濡れた体の肌冷えが防げます。 狩猟で激しい運動をすれば汗をかくのは当然です。汗を吸うだけであれば普通の機能性肌着ですが「さらぽか」は吸湿発熱をします。温度が上昇して肌冷えを防ぎます。「さらぽか」肌着を着た勢子が汗をかいた体で立ち止まって、先走りした猟犬が戻るのを待つ時に体が冷えないのに気付いたとの報告がありました。特殊な繊維を限界の30%まで使用しています。これ以上では風合いが損なわれます。着た瞬間の肌触りの暖かさはウールのようで寒い日の出猟を楽しくします。透湿性のある猟用シャツとの組み合わせで、吸水、放湿、発熱の調湿循環が機能するように着込むと、爽やかで暖かい肌触りが保てます。発汗に悩まされるハンター向きの肌着ともいえます。肌着ですから洗濯耐性もあります。「さらぽか」肌着ハンター・バージョンはハンターのための肌着です。肌着は上下の組合せで、L,M,S寸の寸法があります。jshotで入手できます。(お問い合わせ:メール

「さらぽか」は日本デシカント株式会社の登録商標です

クリーナー編

ハンターの多くが愛用するようになった

ガンメイト・ボアー・スネイク

一度使ったハンターは毎年購入しています

猪鹿猟ハンターのライフル銃でもっとも多いのが、半自動式ライフル銃です。正式には、オート・ローディング・セミ・オートマチィツク(自動装填式半自動)と言うのでしょうが、ブローニングBARやレミントン7400に代表されるライフル銃です。 この種の銃の回転不良の原因は手入れの不良によるものが多いのですが、銃身や薬室部分の掃除が面倒なのも事実です。銃口から洗い矢でソルベントで濡れたパッチ(通し布)を押し込むのは、実に嫌な仕事でした。「ガンメイト・ボアー・スネーク銃身掃除具」は半自動ライフル銃の銃身掃除を楽しい作業に変えました。組み紐で出来た導布にブロンズブラシを埋め込んだ紐状の米国生まれのクリーナーです。紐の先の金具を重りにして、薬室から銃身に通して、銃口から引き抜くだけで、掃除は終わります。極く少量のソルベントをブラシの後ろの部分に塗布するだけで、発砲した日には3回通すだけです。雨や雪や埃が入った銃身には一度で済みます。このクリーナーを一度通すと、,通常の綿パッチを160枚通すのと同じ効果があるとも言われてきました。「ガンメイト・ボアー・スネーク銃身掃除具」は2001年猟期のヒット商品になりました。   私が雑誌「狩猟界」(2001年12月号)に書いた紹介記事を見たハンターが各地の銃砲店で購入したようです。何処で買われても良いものは良いで結構です。4年前の米国発売当初からから半自動ライフル銃のハンターの薦めてきて,時間が掛かりましたが、やっと良さが判ってもらえた商品です。繊維製品ですから痛めば早く新品と取り替えましょう。ソルベントは「BREAK−FREE CLP」が最適で、20ml入りの携帯ボトルが便利です。
→より詳しいご相談や購入方法のお問い合わせ(メール)

射手の聴力を護る最強のイヤマフ

 一度失った聴力は戻りません

マグナムライフル銃射手必須

意外に多いハンターやシューターの突発性難聴の発症が気になり米国で最高のNRR値といわれるHOWARDLIGHT社のイヤー・プロテクターを紹介しましたところ反響がありました。誰もが射撃場の騒音を気にしていたのですね。NRR21デシベルのイヤー・マフをNRR31デシベルに変えてどれほどの違いがあるかを試したいといわれる方もありました。ライフル射撃場の騒音は少しでも軽減して聴力を守りたい一心で紹介した製品です。これから、非猟期の射撃シーズンに入ります。射友にL-31を使っている方があれば貸してもらって試してください。米国ではハンターやシューターの健康維持器具の開発が最近盛んになってきました。射撃による身体への悪影響を最小限に押さえるには気付いたことから自己防衛するのが今のところ最良の方策のようです。
→より詳しいご相談や購入方法のお問い合わせ(メール)

 

 

関連するその他の特選猟具猟装は「逸品館」をご覧下さい

→より詳しいご相談や購入方法のお問い合わせ(メール)

 

 

猟具猟装は「逸品館」をご覧下さい

→より詳しいご相談や購入方法のお問い合わせ(メール)


このページの内容の無断転載は硬くお断りいたします。
ご質問がございましたら、ご遠慮なく
メール(ここをクリック)をお寄せください

また、メールでのお問い合わせも歓迎いたします

   問い合わせ先

メールはここをクリックしてお送り下さい