7月の釣果

日付け ポイント リグ ルアー 最大魚 その他
7月8日 野尻湖全周でベイト回り(5〜10)メートルやハードボトムなどで
ダウンショット
スプリット
ノーシンカー
センコー
4グラブ
リトルスパイダー
チューブ
クレージークローラー
スモールのみで
28〜40
多い人で10匹
トップで3本
ラージ44.5センチ
釣れなく成ってきました、ベイトフィッシュを
探すこと、後は粘ります。
7月11日 長野市の塚田君
シェード シャローを攻めて
スプリット
ノーシンカー
センコー
グラブ
スモールばかりで
28匹
23センチから
最大で38センチ
7月12日 竜宮
各岬
ベイト回り
ダウンショット
スプリット
ラバージグ
ラバージグ
ストレートワーム
スモール狙いでお二人で13本
ラージ47センチ
7月17日 15日チャプター野尻湖上位はこんな感じでした
大崎 菅川 砂間 島周り
ラバージグ ダウンショット スプリット

3インチグラブ
シンキングクランク
チューブ
スモール40ぐらい
ラージ45ぐらい
ウェイン率71%
釣りにくいと思っても大半の方がウェイン
頑張れば釣れる野尻湖でした。
7月19日 水道局
弁天島(ベイト回り)
竜宮〜YMCA
砂間〜YWCA
水中島
ベビーシャッド50
ダウンショット
トップウォーター
スプリット
ジグヘッド
パラマックス3
サターンワーム3
2インチグラブ
軽いラバージグ
クレージークローラー
最大で41センチ
小バスが多い
トップ反応良し
釣りにくい状態です
朝一と午後が釣れています、水の動き風が肝です。
7月25日 ベイトフィシュに付くバスを基本に釣ってみました
非常に難しく思います。
大きなワームにはあまり食って来ない感じ、だけどラバージグには来ることもあります。
トップには反応が良い感じ
トップウォーター
ダウンショット
スプリット
ラバージグ
タイニークレイジークローラー
マイクロクローラー
センコー2か3
バレット
リトルスパイダー
セコフラ
ロブワーム
大きいサイズはラバジーで40〜43出てます
他25〜32止まりの方が多いです。
シェードに絡んだエリアのトップ
駆け上がりのベイト回り
平地のベイト回り
7月26日 状況的には変化あまり無し、サーモクラインの状況でバスは浮いています、昆虫類を捕食しているもの公魚やその他の小魚に付いているものに分かれる感じです、ベイトに付くバスは釣るのが難しい状態です。 トップウォーター
ジャークベイト
シャロークランク
スピナベート
ラバージグ
スモールプラグ
シシベイト
スモール小ぶりが多い だけどすごく引きます ベイト回りは粘りが必要です


これじゃ釣れなくなるぞ 野尻湖の将来

最近野尻湖のバスが傷んでいます。 口はボロボロ お尻から糸やフックは出ているし ワームや針を飲んで痩せこけた魚も増えています、さらに死んでるのも多いと思います。 主な原因としてラインが細すぎる場合や 釣り人の技術不足が原因です
 しかも今年は、スポーニングの時期に丁度ワールドシリーズが重なった事、スポーニング時期しか来ないベッド釣り専門のお客様も増えたことが原因で、スモールの稚魚が 極端に少なくなっているのも将来釣れなくなる原因になると思われます。
 放流出来ないスモールマウスバス、皆様方にお願いしたい事は沢山ありますが、魚を労わり 大切にしながら釣りを楽しんでいただきたいと思います。
飲んだフックを外せるように、深いところから釣った魚のエアー抜きなど、一匹の魚を大切にしましょう。 もし分からなかったらシャローまでお越し頂ければお教えいたします、ご遠慮なくお申し出下さい。

皆さんは生餌の使用をどう思いますか?
私の個人的な考えです、人それぞれ違うと思いますが、絶対反対です。
なぜならばゲームフィシングはルアーでしょ、釣れない時に色々考え あーでもナイ こーでもナイと考えることが楽しい所だし、生餌で釣った100匹よりルアーで釣った1匹の方が考えた結果で 価値があると思います。
 生餌は釣れてあたり前、野尻湖で釣りする人が全員餌ならば魚はすでに絶滅しているでしょう。
皆が 魚を釣った後にリリースするのも、今後も安定して釣れるように思うからでしょうしフィールドの維持には絶対に必要です。
立派なアングラーを目指しましょう、そして腕を上げましょう、皆がルアーを使う事で魚をある程度保護出来ます、なぜならば餌よりルアーは釣りにくいのです。
釣れないから、餌と言う前に釣り方やポイントなどを考えてください。
いつまでも釣れる野尻湖でいてほしい私からのお願いです