水沢家近況


2006/12/27 結局理子は26日に慈恵医大病院に入院しました。まずは肺炎を治して、それから胃ろう手術を受ける予定です。
2006/12/21 理子発熱!抗生物質の点滴が効いたようで、今回は入院せずにすみそうですが、呼吸状態が悪いので、在宅酸素療法を始めました。外出が難しくなってきました。
2006/12/16 やはり寒くなってくると理子のゼコゼコがひどくなり、毎日のケアがじつにたいへんです。理子も息苦しそうで、そろそろ在宅酸素療法が必要かもしれません...。
2006/11/18 理子の通園の父兄参観に意気込んで出かけましたが、クラスで3人だけの出席でした。季節の変わり目で体調を崩している子が多いようです。うちもこれから恐怖の冬を迎えます。万全の構えで臨まねば!
2006/10/28 フィルムのカメラをほとんど使わなくなってしまったパパ、6台中4台を下取りに出し、デジタル一眼Canon EOS Kiss Digital Xをゲットしました。エントリー機ながら上位機種並みの機能が満載、久々にカメラをいじる楽しみにひたっています。モデルはもちろん理子ちゃん!
2006/9/30 理子はまずまずの調子です。体重が少しずつ増えていていて、この調子で体力をつけてもらいたいものです。9月後半から通園部にも復帰しています。目下の悩みは痰がからんでのゼコゼコで、夜間も二度は吸引が必要なことです。
2006/9/2 本日理子は退院しました!経管栄養にもまずまず適応し、逆流などせず順調です。栄養状態がよくなったおかげで3ヶ月ぶりに体重も二桁に戻しました。ただし口からはほとんど食べられなくなりました。入院中お世話になった病院のスタッフ、優斗を預かってくれた皆さんに御礼申し上げます。
2006/8/27 理子が4歳の誕生日を迎えました。残念ながらおうちではなく病院でのお祝いですが、徐々に体力を蓄えていて、退院は近いと期待しています。暖かいメッセージを掲示板またはメールにお願いします。
2006/8/20 8/17、理子が気管支炎で入院しました。19日には熱は下がっていますが、摂食が芳しくないため、経管栄養をはじめました。経管への適応と体力の回復を見極めるまで、しばらく病院に滞在となります。
2006/8/4 8/1〜2に軽井沢に一泊旅行しました。小特集ページはこちらです。
2006/7/16 優斗は幼稚園の長い夏休みに突入。理子の通園部はあまり休みがないので、スケジュールをたてるのが一苦労です。
2006/7/2 理子が発達センターの通園部に通い始めて一ヶ月になりました。出だしこそ発熱ダウンで休みがちでしたが、最近は絶好調で出席率は7割以上!優斗の幼稚園のお迎えを交代してくれる、彼のクラスメートのママたちにも感謝です。
2006/6/4 理子の飲み込む力が弱くなり、食事はお粥すらしんどそうです。完全ペーストにして毎食一時間近くかけています。それでも可能な限り経口栄養でがんばりたいです。
2006/5/21 理子は週一回松戸市のこども発達センターのグループ療育外来に通っていますが、来月から同センターの通園部に編入してもらうことにしました。現在諸手続き中です。毎日4時間の親子同時通園で、優斗の幼稚園との両立ができるのか?やや不安ありですが、少しでも状態のよいうちに楽しい思いをさせてやりたいと思い、決断しました。周囲の方にはますますお世話になりますが、ご支援よろしくおねがいします。
2006/5/2 あいかわらず咳と痰が止まらない理子です。夜ゼコゼコして、本人親とも寝不足です。そろそろ吸引器を常備する必要がありそうです。
2006/4/16 三月の風邪以来咳と痰が治まらない理子です。比較的調子がよかった8〜9日には温泉旅行に連れて行きましたが、今週末はまたまた発熱しています。外出用バギーの下見のため、こどもの福祉用具展に一家で行く予定でしたが、ママと優斗だけ行きました。
2006/4/2 優斗は春休みをエンジョイし、毎日たくさんのお友達と遊んでいます。3/26は初スキーに挑戦しました。小特集ページはこちらです。
2006/3/19 理子が風邪をひきました。13日からの発熱が一週間続き、二度慈恵医大に運びました。ようやく解熱傾向ですが、本人も親もへとへとです。
2006/3/4 理子は身体がピンと伸びてしまい、普通の椅子だと食事も苦しくなってきました。座位保持椅子を新調する予定で、市の補助の交付が早く決定するのを心待ちにしています。
2006/2/4 春が近づいていますが、寒暖差や雨降りでお出かけがやっかいです...。優斗の幼稚園ではインフルエンザ流行中で、感染症が大敵の理子を抱える我が家は、厳戒状態です。今のところ一家揃って元気です。
2006/1/1 あけましておめでとうございます。水沢家は穏やかなお正月を迎えています。昨年と比べますと、優斗はかなりいっぱしの少年に成長し、一方の理子は神経症状の進行でお座りしているのがやっとの状態になってしまいました。まったくの別世界ですが、それでも家族の絆は日々強くなっています。寒い間は感染症予防でじっとしていますが、暖かくなったらまた一家四人であちこち旅行でもしたいと思っています。

ホーム [水沢家のホームページへ戻る]