初めての方へ

ご予約・受付から治療まで

院長写真

 


ご予約はお電話・ネット予約で受付けています。

 

◇受付・カウンセリング
1.初診の方は、カウンセリングにて、病状について、詳しくお聞かせください
(これまでの経緯、現在の病状について等)。
3.続いて、問診票の記入をお願いします。
4.治療ベットへご案内します。
                   
◇診察 (全身経絡治療の場合)
1・脱衣していただきます。Tシャツとトレパン程度。
  • 局所治療の場合は、患部が出る程度で大丈夫です。
  • 全身治療の場合は、肘から先、膝から先の肌が出る服装で治療します。
  • アクセサリー類や時計、指輪、メガネは外しておいてください。
  • コンタクトレンズは、装着状態でも大丈夫ですが念の為に、その旨をスタッフにお伝え下さい。
2.ベットに仰向けになって、血圧測定
3.東洋医学の診察法である四診法でお体をチェックします。
四診法とは(望、問、聞、切)と呼ばれる四つの診察方法のことをいいます。
東洋医学の観点から病気を客観的に捉えて、分析し、治療を行います。
望診・・・視覚による診察方法です。
聞診・・・聴覚を通じて診察する方法です。
問診・・・病気の様子を問う診察法です。
切診・・・手をもって患者に直接触れて、診察する方法です。脈診、腹診、切経の3方法あります。
 
   
◇治療 (全身経絡治療の場合)
1.診察の結果得られた情報をもとに、治療方針を決定します。
2.治療方針をもとに、経絡治療は主に手足の要穴に刺鍼します。
当院の鍼灸治療は刺入した鍼を10分くらいそのままおく置鍼法です。置鍼法は慢性症状、自律神経調整、ストレス疾患に効果的な治療法です。
表が終わると、うつ伏せになって頂いて、首肩背中の治療します。置鍼します。必要に応じて、置鍼中に遠赤外線治療器で加温、SSP治療器を併用します。お灸も併用します。
     
◇治療終了
治療後に再度、お体の状態をチェツクします。更衣後に、受付にてお会計を済ませて頂き、今後の治療計画を話し合います。次回の治療予約をお聞きします。
健康に良いミネラルウォーターで水分を補給してご一服下さい。
治療回数や頻度について
症状により異なります。
目安としては、例えば、急性腰痛の場合は、3回~5回連続で治療されると改善する場合が多いですが、慢性的な頭痛は、1-2週間に1回の頻度で、2、3か月以上必要な場合もあります
治療回数や頻度が、気になる方は、予約時にお問い合わせ下さい。
1回の治療で症状がなくなることは、稀ですので、
余裕をもってご来院ください。