■本書の特長
1.ここ数年で飛躍的に増えている全国の各自治体が提供する田舎暮らしプログラムに対して、一覧にしてほしいという要望を受けて、プロ グラムを1冊にまとめた、他にはないガイド本です。
2.全国の自治体を独自に調査し、153の自治体が実施する226の田舎暮らしプログラムについてまとめているだけでなく、これらのプログ ラムを利用して、田舎暮らしを実現、成功させるためには、何が必要で、どのような手段をとるべきなのかを案内しています。

本書では、田舎暮らしの基礎知識、田舎暮らしの準備、田舎暮らしの体験談、各自治体の田舎暮らしプログラムという4つの章から構成されています。「自宅と田舎を行ったり来たりする二地域居住」「週末の短期滞在」をキーワードに、田舎暮らし未経験者、初心者に向けた、田舎暮らしの実践本として、ライフスタイルの一つとして、田舎暮らしを提案する一冊です。

■本書の内容
●はじめに
新しいライフスタイル、
定住ではない「田舎暮らし」を考える

●1章 新しいライフスタイルを考える
       田舎暮らし 基礎知識 編

 ・基礎知識1 新しいライフスタイルとしての「田舎暮らし」
 ・基礎知識2 「田舎暮らし」にはさまざまな暮らし方がある
 ・基礎知識3 体験者の数だけある「田舎暮らし」のメリット

◎INTERVIEW 田舎暮らしを語る
 @ステップを踏んで田舎暮らしを始めよう
  認定NPO法人ふるさと回帰支援センター常務理事 高橋 公氏
 A田舎暮らしの先進国に習おう!
  ふるさと情報館館長 佐藤彰啓氏

●2章 新しいライフスタイルを楽しむために!
            田舎暮らしの準備 編

 ・STEP1 田舎暮らしは短期間からスタートしたい
 ・STEP2 自分が暮らしたい「田舎」がどこか決める!
 ・STEP3 田舎暮らしには多様な情報収集が欠かせない
 ・STEP4 田舎暮らしを決める前に確認したい7つのポイント
 ・STEP5 田舎暮らしを成功させる、心構えと秘けつ

●3章 ひと足早くライフスタイルをチェンジ
     田舎暮らし 体験事例集 14事例

●4章 全国153の自治体が実施するプログラム226
           田舎暮らし プログラム 編

 ・お試し田舎暮らしツアー
 ・クラインガルテン(滞在型市民農園)
 ・お試し滞在プログラム その1
 ・お試し滞在プログラム その2
 ・空き家バンク
 ・田舎暮らし情報サイト
 ・二地域居住・定住に関する窓口一覧

●田舎暮らしお役立ちコラム
・コラム1…田舎暮らし専用の住居は、単なる観光目的では使えないことが多い
・コラム2…ヨーロッパではポピュラーなクラインガルテン(滞在型市民農園)
・コラム3…趣向を凝らした各自治体のパンフレット
・コラム4…インターネットが使えると、田舎暮らしが便利になる
・コラム5…田舎暮らしのための交通インフラが未来の日本を変える
・コラム6…友の会、オーナー制度などに入会して、家にいながらプチ田舎暮らし